みんな知らないホテルアルバイト情報

必要なのはホスピタリティ

どんな仕事にも向き不向き、いわゆる「適正」というものが存在します。ホテルでのアルバイトもまた例外ではありません。努力でカバーできる部分もありますが、求められていることが自分の性格や能力と正反対のことばかりでは仕事が楽しくなくなり、すぐにやめたくなってしまうかもしれません。ですから、ホテルで働き始める前に次のような点について考えてみてください。

ホスピタリティあふれる性格か

必要なのはホスピタリティ

ホテルで働く中で最も重要なことは「ホスピタリティ」です。日本語で近い言葉を探すなら「おもてなしの心」でしょうか。
「お金をもらったから○○してあげる」ではなく、「誰かに親切にしてあげたい」「相手に喜んでもらえると一緒にうれしくなれる」という自発的な奉仕の心です。多少古びたホテルでもスタッフのこうした心が伝わってくれば気持ちよく泊まれますし、逆に最新の素晴らしいホテルでもスタッフが全員「本当は嫌だけど、してやっている」という雰囲気で働いていたらもう泊まりたくないと思ってしまいます。ホスピタリティというものは、それほど重要なものなのです。これは性格的なもので、「ホテルスタッフなのだから客に尽くすべき」と頭で考えた結果ではありません。普段から自然に「そうしたい」と思える人は、ホテルでの仕事にとても向いているといえるでしょう。

話しやすい雰囲気を持っているか

あなたが客としてホテルを訪れた場合、困った時にはスタッフに声をかけたくなるでしょう。その時、どう見ても話しかけにくい雰囲気のスタッフしかいなければお手上げですよね。つまり、ホテル側は人当たりが良く誰に話しかけられても優しく穏やかに対応できるようなスタッフを求めているわけです。普段から心に余裕が無ければそれがつい表情に出てしまい近寄りがたいと感じられてしまいます。もし心当たりがあるなら、他人に安心感を与えられる人間を目指して気持ちをリラックスさせることを心がけましょう。

行動力や協調性があるか

ホテルでの仕事には頭の良さも必要ですが、まずは身体を動かすことが必要になる局面も多くあります。「こうすべき」と判断したなら「後でやろう」ではなく即座にやらなくてはいけません。お客様にとっては、頼み事やトラブルへの謝罪といった対応は早ければ早いほどうれしいものです。「まとめて片付けた方が楽」などという理屈で後回しにせず、できることはすぐにやるという姿勢があるかないかであなたの、そしてホテル全体の評価は大きく変わります。
それは自分の仕事だけに限ったことではありません。自分の担当以外の部署でトラブルが起きた時に、「自分は無関係だから」と何もしなければお客様の印象は最悪になります。ホテルスタッフには、そうした時にもすぐに他の仲間と力を合わせて動き出せる積極性や協調性も求められます。

ホテル業界への就職を目指す人へ

  • 明るい展望のホテル業界
    明るい展望のホテル業界

    世界的大不況や震災などの影響を受けて2008~2011年頃にかけて苦戦を強いられていた日本のホテル市場ですが、2012年あたりから伸びを見せはじめ、2020年の東京オリンピックにむけてさらなる需要増加が見込まれています。新しいホテルも次々に建設されている今は、ホテル業界への就職を目指す人にとってチャンスのタイミングといえるでしょう。学生のうちからホテルでアルバイトをしておけば就職に有利になることは言うまでもありません。

    続きを見る
  • 仕事は接客がメイン
    仕事は接客がメイン

    ホテル業界へ就職すると最初はやはり接客業務からスタートします。フロントはもちろん、ベルボーイやレストラン、客室係など様々な配属先がありますが、どのポジションもベースは「接客」です。24時間365日稼働するホテルには、日々様々なお客様が訪れますが、評価の肝となるのがホテルマンの接客対応です。どんなに素晴らしい建物と設備が整っていたとしても、スタッフの接客対応のレベルが低いとそのホテルの評価は下がります。

    続きを見る
  • マナーが身につくのが魅力
    マナーが身につくのが魅力

    ホテル業界で働くことによる最大のメリットは「接客マナーが身につくこと」です。社会人として恥ずかしくないマナーが身につくことは自分にとって大きなプラスです。ホテルでは日々様々なトラブルやドラマが起こります。ただ笑顔でマニュアル通りの受け答えをすることは「接客術」とは言えません。臨機応変な対応でお客様を満足させることができるというのは、まさにホテルマンならではのプロのスキルです。そのスキルはどんな業界でも通用する強みとなるでしょう。

    続きを見る
  • 身だしなみに注意
    身だしなみに注意

    ホテルで働くようになれば身だしなみを整えるのが最低限のマナーになります。ホテル業界への就職を目指すなら、常日ごろから身だしなみには気を配りましょう。しわの寄ったシャツやヨレヨレのスーツ、靴も汚れたまま身につけていませんか?衣類だけではなく、きちんと髪型を整えたり爪は切りそろえるなど、細部まで清潔感を保つことが重要です。普段から気をつけておけば、いざ面接の時になって慌てることもありません。身だしなみは接客マナーの基本です。

    続きを見る