みんな知らないホテルアルバイト情報

マナーが身につくのが魅力

旅行先でホテルの人にお世話になり、自分もあんな仕事がしてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか。自分が目指す仕事のことを知るためには、まずはアルバイトとして携わってみるのがおすすめです。ホテルのアルバイトには他では得られないようなメリットがあります。そんなホテルアルバイトのメリットと給与面について簡単に説明していきます。

いろいろな人に出会える

マナーが身につくのが魅力

当たり前のことを書きますが、ホテルは接客業です。接客業ということは、いろいろなタイプのお客様に出会うことができるのです。出張でホテルを利用するビジネスマンもいれば観光目的で宿泊する家族連れもいるでしょう。最近はいわゆる「爆買い」のために訪日する外国人観光客も増えています。そういったお客様は、それぞれ違った個性を持っておりあなたに対する態度も大きく違っています。あるお客様が喜んでくれたからといって他のお客様が喜んでくれるとは限らないのです。でも、そうしたいろいろな人に出会えるのは大きなメリットです。特に人と会うことが好きな人にとっては、毎日が新しい発見であふれ楽しくて仕方ないかもしれません。

身だしなみやマナーが身につく

前述のとおり、ホテルはお客様を相手にする仕事です。例えば態度が悪かったり、身なりをしっかりと整えていなければ当然のことながらお客様に不快感を与えてしまうでしょう。それはあなたのイメージが下がるだけではなく、ホテル全体のイメージを下げてしまうのです。このため、たとえアルバイトといえどもそうした身だしなみやマナーについては徹底的に叩き込まれます。正社員であろうがアルバイトであろうが、お客様にとっては同じホテルマンなのです。プロとしての振る舞いを身につけさせられるのは当然でしょう。
ただ、そうした身だしなみやマナーは他の業界に行っても十分に役立つものです。どんな業界でも人との付き合いを避けることはできないからです。社会人として必要なことを社会に出る前に教えてもらえるのは、ホテルのアルバイトのメリットといって良いでしょう。

給与相場はどのぐらいなの

ホテルは都市部と地方では宿泊料が違っていることからも分かるように、アルバイトの給与も地域によって異なります。都市部の時給は高くなり、地方では都市部ほど給与は高くありません。ただ、地方はそもそも物価が安いので収入が低くなることのデメリットはあまり気にしなくていいでしょう。
これを踏まえたうえでホテルアルバイトの給与相場を書くと800~1000円あたりが平均的とされており、時給の高い都市部などでは1500円ぐらいになることもあります。一般的な飲食店のアルバイトとほぼ同レベルと考えていいでしょう。ただ、ホテルは宿泊施設ですので夜も人がいないと仕事が回りません。そのため夜勤要員が必要になってきます。午後10時~午前5時の勤務では夜勤手当が発生します。体力的に多少きつくなるかもしれませんが、その分高時給が見込めるというわけです。

ホテル業界への就職を目指す人へ

  • 明るい展望のホテル業界
    明るい展望のホテル業界

    世界的大不況や震災などの影響を受けて2008~2011年頃にかけて苦戦を強いられていた日本のホテル市場ですが、2012年あたりから伸びを見せはじめ、2020年の東京オリンピックにむけてさらなる需要増加が見込まれています。新しいホテルも次々に建設されている今は、ホテル業界への就職を目指す人にとってチャンスのタイミングといえるでしょう。学生のうちからホテルでアルバイトをしておけば就職に有利になることは言うまでもありません。

    続きを見る
  • 仕事は接客がメイン
    仕事は接客がメイン

    ホテル業界へ就職すると最初はやはり接客業務からスタートします。フロントはもちろん、ベルボーイやレストラン、客室係など様々な配属先がありますが、どのポジションもベースは「接客」です。24時間365日稼働するホテルには、日々様々なお客様が訪れますが、評価の肝となるのがホテルマンの接客対応です。どんなに素晴らしい建物と設備が整っていたとしても、スタッフの接客対応のレベルが低いとそのホテルの評価は下がります。

    続きを見る
  • マナーが身につくのが魅力
    マナーが身につくのが魅力

    ホテル業界で働くことによる最大のメリットは「接客マナーが身につくこと」です。社会人として恥ずかしくないマナーが身につくことは自分にとって大きなプラスです。ホテルでは日々様々なトラブルやドラマが起こります。ただ笑顔でマニュアル通りの受け答えをすることは「接客術」とは言えません。臨機応変な対応でお客様を満足させることができるというのは、まさにホテルマンならではのプロのスキルです。そのスキルはどんな業界でも通用する強みとなるでしょう。

    続きを見る
  • 身だしなみに注意
    身だしなみに注意

    ホテルで働くようになれば身だしなみを整えるのが最低限のマナーになります。ホテル業界への就職を目指すなら、常日ごろから身だしなみには気を配りましょう。しわの寄ったシャツやヨレヨレのスーツ、靴も汚れたまま身につけていませんか?衣類だけではなく、きちんと髪型を整えたり爪は切りそろえるなど、細部まで清潔感を保つことが重要です。普段から気をつけておけば、いざ面接の時になって慌てることもありません。身だしなみは接客マナーの基本です。

    続きを見る