みんな知らないホテルアルバイト情報

仕事は接客がメイン

ホテルがお客様へ提供しているサービスというのは高度なものといったイメージが強いため、アルバイトとして働く際も求められるレベルが高すぎると一歩引いてしまう方も少なくないかもしれません。しかし、すべてがそうしたものではないようです。

どのような仕事なの?

仕事は接客がメイン

ホテルのアルバイトの場合、その多くがフロントマンとしての採用です。では、ホテルのフロントマンの仕事とは具体的にどのようなものかご存知でしょうか?
フロントマンとは、宿泊客の接客が中心で具体的にはチェックインやチェックアウトでの対応や宿泊者からの問合せ、電話・メール・FAX予約などの受付業務がこれにあたります。ホテルの仕事には毎日の売上の締め作業をはじめ、備品在庫などの集計作業、それから報告書作成といった事務作業などもあります。このような売上、在庫の管理業務や事務書類の作成業務などお客様への接客だけではない仕事もホテルには数多くあります。ただし、このような仕事というのは支配人や正社員などが基本的には行なうため、アルバイトが行なうといったケースはほとんどないといえるでしょう。

都合に合った勤務時間を選ぼう

ホテルは年中無休24時間営業なので従業員スタッフもシフト制で働くのが基本です。そのため、正社員や契約社員などはこうした生活パターンを受け入れながら日々過ごしていかなくてはなりません。一方、アルバイトの場合はどうでしょうか?アルバイトの場合は正社員や契約社員に比べれば勤務時間に融通がききます。たとえば、自分のスケジュールに合わせてフルタイムで働いたり扶養内の時間で働くなど、面接時に希望を伝えられるところも少なくはありません。
また、夜勤スタッフの募集も行なっているところもあるので注意して探してみましょう。アルバイトの夜勤スタッフは、夕方5時くらいから翌日のお昼くらいまでといった長時間の場合もあります。夜勤アルバイトは時給も高いため応募者も大勢いますが、2日にわたる拘束時間は事前によく考えておいた方がよいでしょう。さらに、自宅からホテルまでが遠い場合は通勤時間もかかるため、丸一日がほぼ仕事だけで使われてしまうことにもなります。このような場合、夜勤でのアルバイトは避け自分の都合に合わせた勤務シフトを検討した方が得策かもしれません。
ホテルというのは大型連休や週末の金・土曜日に多くのお客様が利用されます。そのため、このような期間にもし仕事ができないということになると、いくらアルバイトでも採用されない可能性もあります。こうしたことも事前によく考えて面接に臨みましょう。

ホテル業界への就職を目指す人へ

  • 明るい展望のホテル業界
    明るい展望のホテル業界

    世界的大不況や震災などの影響を受けて2008~2011年頃にかけて苦戦を強いられていた日本のホテル市場ですが、2012年あたりから伸びを見せはじめ、2020年の東京オリンピックにむけてさらなる需要増加が見込まれています。新しいホテルも次々に建設されている今は、ホテル業界への就職を目指す人にとってチャンスのタイミングといえるでしょう。学生のうちからホテルでアルバイトをしておけば就職に有利になることは言うまでもありません。

    続きを見る
  • 仕事は接客がメイン
    仕事は接客がメイン

    ホテル業界へ就職すると最初はやはり接客業務からスタートします。フロントはもちろん、ベルボーイやレストラン、客室係など様々な配属先がありますが、どのポジションもベースは「接客」です。24時間365日稼働するホテルには、日々様々なお客様が訪れますが、評価の肝となるのがホテルマンの接客対応です。どんなに素晴らしい建物と設備が整っていたとしても、スタッフの接客対応のレベルが低いとそのホテルの評価は下がります。

    続きを見る
  • マナーが身につくのが魅力
    マナーが身につくのが魅力

    ホテル業界で働くことによる最大のメリットは「接客マナーが身につくこと」です。社会人として恥ずかしくないマナーが身につくことは自分にとって大きなプラスです。ホテルでは日々様々なトラブルやドラマが起こります。ただ笑顔でマニュアル通りの受け答えをすることは「接客術」とは言えません。臨機応変な対応でお客様を満足させることができるというのは、まさにホテルマンならではのプロのスキルです。そのスキルはどんな業界でも通用する強みとなるでしょう。

    続きを見る
  • 身だしなみに注意
    身だしなみに注意

    ホテルで働くようになれば身だしなみを整えるのが最低限のマナーになります。ホテル業界への就職を目指すなら、常日ごろから身だしなみには気を配りましょう。しわの寄ったシャツやヨレヨレのスーツ、靴も汚れたまま身につけていませんか?衣類だけではなく、きちんと髪型を整えたり爪は切りそろえるなど、細部まで清潔感を保つことが重要です。普段から気をつけておけば、いざ面接の時になって慌てることもありません。身だしなみは接客マナーの基本です。

    続きを見る