みんな知らないホテルアルバイト情報

身だしなみに注意

お客様から見ればホテルの制服に身を包んだ従業員である以上、正社員もアルバイトも同じです。ホテルの面接ではあなたが普段どのように振る舞い、きちんとした服装や身だしなみをしているのかなどといったことも注意深く観察されています。では具体的にどのような準備をして面接に臨めば良いのでしょうか。

要求を理解できていることが大前提

身だしなみに注意

ホテル側が求める条件をしっかりと理解できているかどうかも面接においての大きなポイントといえます。面接時にスーツを着用するよう義務付けられているのか、ヘアスタイルや髪の色が基準から逸脱していないかなど、基本的な募集の条件に合致しているかどうかをしっかりと確認して準備しましょう。面接時に設けられた基準をしっかりと守ることができていればお客様からの要望も正しく理解できるものと判断されることでしょう。

爪先まで気は抜けません

面接時にスーツを着用することが明記されている場合には爽やかで清い印象を与えられるようしっかりとアイロンのかかったシャツを着用すべきですし、面接直前にはジャケットにも細かいゴミやフケなどが付いていないか今一度チェックしておきましょう。服装が特に指定されていない場合でもラフな格好はご法度です。信頼感を与えられるような地味で落ち着いた服装を選択しましょう。具体的には、男性の場合では襟が正されていてシワの寄っていないシャツを選択すれば無難です。下はジーンズでも問題ありませんがダメージ加工が施されたものやだらしない印象を与えるブカブカのズボンは避けましょう。女性の場合は上品な印象を持たせるため胸元が開いた服や短すぎるスカートは避け、真面目で清潔感を感じさせる服装を選択し、濃く派手なメイクも控えておくべきです。
面接官が見ているのはあなたの服装だけではありません。爪は適切な長さにカットされていますか?指と爪の間にゴミや砂などが詰まり色が変わってはいないでしょうか?指や爪が綺麗であるかどうかはホテル業務の中で重要なポイントです。いくら服装が完璧であったとしても、差し出された手が不潔であれば台無しです。男性においてはヒゲの剃り残しも不潔に見られてしまうのでしっかりと時間をかけて処理しましょう。

実際にホテルで働く姿をイメージ

面接の条件に頭髪は自由と記載されている場合、黒髪でなくても面接を受けることはできますが、実際に働くとなった場合にはほとんどのホテルで黒髪を求められます。あまり明るい色のままで面接を受けてしまうと面接官はあなたの黒髪姿を想像しにくくなり、それが原因で落とされてしまうこともあるかもしれません。一時的にはスプレーでも構わないので面接前に黒く染め直しておくことをおすすめします。

最上級のサービスを提供する仕事

ホテルを利用するお客様にとって最高の思い出を残すことも、逆に最悪の印象を残すこともできてしまうのがホテルでの仕事です。そこにアルバイトや社員の区別はありません。面接時においても意識を高く持ち、面接官が何を求めているのかを考え行動することが採用への近道となるでしょう。

ホテル業界への就職を目指す人へ

  • 明るい展望のホテル業界
    明るい展望のホテル業界

    世界的大不況や震災などの影響を受けて2008~2011年頃にかけて苦戦を強いられていた日本のホテル市場ですが、2012年あたりから伸びを見せはじめ、2020年の東京オリンピックにむけてさらなる需要増加が見込まれています。新しいホテルも次々に建設されている今は、ホテル業界への就職を目指す人にとってチャンスのタイミングといえるでしょう。学生のうちからホテルでアルバイトをしておけば就職に有利になることは言うまでもありません。

    続きを見る
  • 仕事は接客がメイン
    仕事は接客がメイン

    ホテル業界へ就職すると最初はやはり接客業務からスタートします。フロントはもちろん、ベルボーイやレストラン、客室係など様々な配属先がありますが、どのポジションもベースは「接客」です。24時間365日稼働するホテルには、日々様々なお客様が訪れますが、評価の肝となるのがホテルマンの接客対応です。どんなに素晴らしい建物と設備が整っていたとしても、スタッフの接客対応のレベルが低いとそのホテルの評価は下がります。

    続きを見る
  • マナーが身につくのが魅力
    マナーが身につくのが魅力

    ホテル業界で働くことによる最大のメリットは「接客マナーが身につくこと」です。社会人として恥ずかしくないマナーが身につくことは自分にとって大きなプラスです。ホテルでは日々様々なトラブルやドラマが起こります。ただ笑顔でマニュアル通りの受け答えをすることは「接客術」とは言えません。臨機応変な対応でお客様を満足させることができるというのは、まさにホテルマンならではのプロのスキルです。そのスキルはどんな業界でも通用する強みとなるでしょう。

    続きを見る
  • 身だしなみに注意
    身だしなみに注意

    ホテルで働くようになれば身だしなみを整えるのが最低限のマナーになります。ホテル業界への就職を目指すなら、常日ごろから身だしなみには気を配りましょう。しわの寄ったシャツやヨレヨレのスーツ、靴も汚れたまま身につけていませんか?衣類だけではなく、きちんと髪型を整えたり爪は切りそろえるなど、細部まで清潔感を保つことが重要です。普段から気をつけておけば、いざ面接の時になって慌てることもありません。身だしなみは接客マナーの基本です。

    続きを見る